>   >  借入可能か事前に診断!無駄な駆け引きは不要

キャッシングで借入可能か事前に診断!無駄な駆け引きは不要

キャッシングは比較的気軽に借り入れのできるサービスとして、
今や10人に一人の割合で利用されています。

しかし、初めてキャッシングを利用するときには、融資をしても大丈夫かどうか
という審査を事前に受けなければなりませんので、躊躇する人も少なくありません。

キャッシングの申し込み履歴というのは金融機関で共有されているデータですので、
たくさんの業者にキャッシングの申し込みをした場合、
申し込みブラックとして審査に通らなくなる恐れもあります。

そのため、確実にキャッシングが利用できるようになるための事前調査も
しておいた方がよいでしょう。

事前に簡易シミュレーションで確認しておく

基本的に、これまで金融機関への支払いの滞納がない人や、
破産、民事再生、債務整理などの借金の整理をしたことがない人で、
安定した収入があれば、ほとんどだれでも借り入れは可能です。

しかし、業者によって審査の厳しさは異なりますので、確実に借り入れをしたいという人は、
キャッシングの借り入れ先の比較サイトで審査の傾向について調べてみたり、
借入れができるかどうか事前に診断してみると良いでしょう。

比較サイトやいくつかの業者では、履歴に残らずに融資可能かどうかを
判断する簡易シミュレーションが用意されていますので、
必要事項にこたえていくだけで、本審査に通過するかどうかを判断できます。
もちろん100%ではありませんが、これで融資の可能性がある程度分かるようになると、
申し込みも気軽にできます。

借入れ可能額の駆け引きは不要です

右へ行くか左へ行くか?200万円にするか120万にするか?

行き先もわからないドライブってしたことありますか?車でなくとも旅行でも散歩でも良いですが、あてもない旅は楽しいですね。

あてのないドライブは常に「右」か「左」かを選択しなければいけません。時にUターンができず、さっき別のルートを行けば良かった等カーナビがある時代でも意外と後悔するものです。

借入れはどうでしょうか。例えば資金が必要ではあるが、200万あればゆったりと安全に目的の為の資金となるが、審査的に不安だから120万にしておいたほうがいいのではないか?とか、そういう選択です。

しかし、これ基本的にはさほど心配の必要はありません。 高額借入れなのか小額なのかによっても話は変わっては気ますし、法人なのか個人なのかでも。まず2つ大きく分けるとすれば以下となります。

フリーキャッシングなのか担保付ローンなのか?

法人の事業投資と個人のちょっとした借入れとでは審査の壁も変わってくるのは当然でほんの3万等であれば納税証明や所得証明は基本求められません。 法人となると、利用用途が比較的明確というか、「人員増員」「事業拡大」「広告費」「事務所用」などなど具体的な経費として利用する場合はそれ専用の融資などもあります。 個人で数万の場合、借入先の選択肢は銀行か消費者金融のキャッシングと程度は決まっていますので。

個人でフリーキャッシングなら~50万円くらいまではさほど考えず借入れ可能でしょう。審査落ちした場合が怖いなら、簡易審査のシミュレーションを使えば匿名で審査結果を予めしれますので、okがでたら、本申込フォームにその希望額を入れれば良いと思います。

予算見積もりが大幅に超えてしまう事はあるのか?

気をつけたい事としては、借りる金額に消極的になってしまい、本来の見積もっていた予算をGETできず中途半端な借入れとなってしまうことです。 これの弊害としては想像として補てんするために2社目の余計な借入れをしてしまう。とか最悪の場合ヤミとまではいかずともスペックの悪い業者に手を出してしまうことも考えられますね。それであれば、最初からご自身が求める予算を1社から借りるべきです。 自身の価値を過小評価しても過大評価も駄目ということですね。

高額な借入れの場合は、まあ基本、自己資金(頭金)があるのかどうか?というのも大事なので足りない場合は無理しないで一切借りないというのが普通になるかなとは思います。