>   >  複数の借入れは何社まで可能?やってはいけない審査の嘘等

複数の借入れは何社まで可能?やってはいけない審査の嘘等

一概に三社までとか金融機関の信用情報などもある為どこが上限かというのは難しいです。ただ、あなたに返済能力が無いとみなされた場合はどうあがいても審査に落ちます。 例えば三社から1万円ずつの合計3万借りて返済も遅延が無いなら四社目は全然可能でしょう。この場合も業者によっては審査を落とすか与信枠(限度額)を極端に狭めてくるかもしれません。お勧めとしては、今借りている業者を完済してから目星の業者に審査をかけてみるのが一番かとは思います。

今回は、基本的にやらない人がほとんどでしょうが、複数社の借入れの際にやってはいけないことを書いていきますね。

借り入れ三社目で審査に嘘の記入は確実に落ちる!

でも、現実的に三社の方は、1社1万ということはないですよね。 規制が厳しくなった今でも借入れ常習犯の方は1社の返済が終わってもまた借りての繰り返しでいづれ、今の返済残高を気にしながらも完済していないにも関わらず2社目3社目と深みにはまっていきます。

三社から総額がいくらなのかと、収入がどの程度あるかにもよりますが、信用情報機関をかいくぐったとしても結局最後は審査に落ちるのは当たり前の話。 よく、申込書類の「現在の借入総額」や「他社からの借入」に嘘をついたら審査通るんじゃないの?っていう悪知恵を働かせる(お金に追い込まれるとそういう考えが浮かんでしまうのも無理はないのかもしれませんが)人がいますが、これ100%ばれます。

また、例えば審査に通ったとしましょう。その後金融機関から書類提出依頼がきます。給与明細だとか、直近の収入についてなどです。こういった書類を提出できない事が続くと与信枠は狭められ、ブラックとはいかなくても要注意人物にされるのは当然ではないでしょうか。もちろん虚偽があったという時点で今後その金融機関からお金を借りるのは不可能になるでしょう。

だから借りれませんという投げやりなコトをいうのは簡単なんですが、三社といっても状況は色んなパターンがあるので、まずは金融会社の申込書類には正々堂々と正直に年収等を記入してください。三社ならおそらく即日融資は“アレ”で決まり!ランキングは?話し合いの結論は?でも議論したとおり、「リボ」「消費者金融」などの選択肢をしている可能性が高いですよね。ちまちま複数のサービスを使ってしまう事程お金を借り入れる上で損なことはありません。金利が高くつくからです。

例えば今、合計月10万の返済が6万になればまだ、返済能力がある、返済していける自信があるといった具体的な目標があれば借入れのチャレンジをしてもいいのかもしれませんね。そういった時は銀行系が宜しいかと。年収の3分の1以上を借りる上では総量規制対象外の銀行系しか望みなしという言い方もできます。

どちらにしても複数社からお金を借り続けているのは健全ではないのでどこかのタイミングで一本化するのが賢いと思います。

大車輪を繰り返す(三社に借りて返済し続ける)

昔はグレーですがOKといえばOKだった手法のようですが、今ではNGです。 一定期間、金利がかからないローンを借りて、A社B社C社などに返済を繰り返してく手法。

これは疲弊しますしやらないほうがいいですよね。今はやってはいけないことです。金融機関も嫌がる事ですからやらないでくださいね。

ただ、さっきもいった通り一社にまとめる為に50万と40万を借りている借金を返済するために銀行から90万借りて今までの業者を完済し、これからは銀行に返していくというのはありです。(あたりまえですが)

どうせ借入れ無理だろって考えてヤミ金融に手を出してしまう

これ一番やってはいけないことです。消費者は法律的には守られはしますが、法律をうまく活用できるのは弁護士ですよね。あなたが直接活用できる物ではありません。 99%のヤミ金が弁護士から待ち伏せや、電話、自宅で過度な取り立てを今すぐ辞めなさいと注意すれば止めます。しかし、弁護士も人ですからね、ヤミ金対応は専門の弁護士さんがいたりして稀にうちはうけないよって事もあるみたいです。

よく金融系のサイトみていると、支払わなくても良いという文言がありますが、これは本当にあくまでも法律的にはって話。脅している訳じゃなく、漫画の牛島君ってあるじゃないですか。あんな感じの人だったら法律も守れませんからね。絶対かかわってはいけないです。

三社目でも合法の銀行、消費者金融で借りれるかもしれないのですから諦めないでヤミ金に手を出してはいけませんし、そこまで追い込まれているなら債務整理などを検討したほうがまだましだと思います。

番外編:誓約書を元に家族や知人から100万円くらいお金を借りる

これは、できればやりたくない方法でしょうが三社目無理だった場合に泣きつく方法ではないかなと。私的には、消費者金融などの金融機関から借入するメリットは人間関係を壊さず済むという点があると思っていて、本来は信頼が気づけている相手にお金の話はするべきではないと考えています。

でも、さっきのヤミ金だとか、雪だるま式に増える借金ってもう誰かに相談したほうが解決すると思うんですよ。

ただ、決意をきちんと行わないと相手に失礼だし信頼を失うだけなので、なにかにコミットすることが必要だと思います。そして誓約書をきちんと実印と母印とそれを持った証明写真なども入れてとって相手に渡すべきです。親しき仲にこそ契約、誓約書です。

なににコミットって例えば今働いていないなら、極端ですけどマグロ漁船に乗るとか、今の捨てられなかった生活を捨てて働きまくるとか。返済を現実的にいつまでに返すってことをコミットするべきです。返済できなかった時相手は相当なショックと失望感を持つでしょうし、あなたに対しての信頼はなくなるでしょう。お金ってそういうものです。

でも、逆に、完済して何かお礼の品でもあげれば相手は本当に貸して良かったと思ってくれると思いますよ。完済後また借入れしたり、お金はその人から借りてはいけないですよ。

ちょっとぶれてしまいましたが、返済できる収入があったり、今の業者から乗り換えたいのであれば、ひとまず審査をしてみることが大事ですね。