>   >  本人確認書類の提示は借りるときだけじゃない

本人確認書類の提示は借りるときだけじゃない

金融機関から借入をする際、申込み時に必要となる書類といえば本人確認書類です。
運転免許証、パスポートなどがポピュラーですね。
お金を借りるというシチュエーションなので、借りる人が本当に本人かどうか?
確認するために必要なのはまあ理解できる話です。

そして、この本人確認書類。銀行や郵便局など金融機関での振込みや払い込みの際に、
窓口で提示が必要となったのをご存知ですか?
この件については、マネー・ローンダリング(資金洗浄)や、テロ資金対策のため、
改正となった「犯罪による収益の移転防止に関する法律」の改正に伴って、
実施されることとなったものです。

こちらのページで触れた誤入金のように100万円を振り込むとしたら、
本人確認書類の提示が必要ってことですね。
それでも振り込みをしてくれるなら?振込先を間違ってるとしか思えません(笑)

10万円超の振込みって一般の個人ではあんまりないかも?

私個人的には、住まいが賃貸物件で更新の際に、不動産業者から送付された
更新料を振り込もうとした際、窓口で本人確認書類の提示を求められたとき、
このルールのことを初めて知らされました。
某大手有名不動産業者を介しての契約で、長いこと住んでいるので更新も4回ほどしてるんですが、
その時も同じ手順で更新すればOKと思っていたためかなり驚きました。

お金を借りる時とか、引き出す時(実際にはキャッシュカード・通帳があればOK)
本人確認書類が必要というならまあ頷けます。でも振り込むのだから別に確認しなくてもいいだろ~。
とその時は思いましたが、もしも犯罪に関わっているお金である可能性がないとはいえないので、
出処がわかるようにしておいたほうが、後々良いのだろうなと納得しました。

ちなみに、10万円を超える現金による振込みの際に提示が必要なんだそうです。
その振込用紙には不動産会社の名前も、振込み金額もちゃんと記載されていましたが、
本人確認書類が必要であるという記載はありませんでした。
この時の更新から2年経ってつい先日、再び同じように更新料を振り込みましたが、
やはり本人確認書類については何も書かれていませんでした。
振込み金額が確定している振込み用紙なのにね。
まあ、これは単に不動産会社の怠慢だと思います・・・(笑)

銀行ATMでは10万円以上の振込みができない?

それから、今回のこの件についてちょっと調べていたら、
銀行ATMでの10万円を超える現金の振込みってできないんですね。
その場合、自分の口座に一旦預入れして口座から振り込むか、
窓口からの手続きをするしか方法はないみたいです。ちょっとびっくり!

消費者金融のATMだったら、10万円を超える金額の一括返済でも、
もちろん本人確認は要らないでしょう。
まあもともと借りてるお金を返すわけですし、
契約時に本人確認は済んでいるから当然なのですが・・・。
振込みと返済を同列に考えるわけではありませんが、
スマホからの即日融資や無人契約機、ATMとか
消費者金融って便利なシステムをもっているんだなあ~と、なんかそう思いました。