>   >  既往借入額とは?

既往借入額とは?

住宅ローンや自動車ローンなどの借り入れを行う際には、
書類に既往借入額を書き込む欄、もしくは担当者から
「現在の既往借入額は幾らですか」といったようなことを聞かれることがあります。

この既往借入額とは、その借り入れ申し込みをした時点での
現在の借り入れ金の合計ということになります。

既往借入額に該当するもの

該当するものとしては割賦返済の借入の現在残高や、
カードローンを利用している場合であればそのカードローンの
借り入れ枠の金額などとなります。

またキャッシングを利用していて、かつその借入申請を行う際に返済中
であるという場合であればそのキャッシングで借り入れている金額も
含まれるということになります。

例えば現在返済を行っている自動車ローンの残高が50万円存在しており、 かつ無担保型の消費者金融に30万円の与信枠が存在しているといったような場合には、 既往借入額はそれらを合算した80万円となります。

融資可能額を算出するときに既往借入額は使われる

この既往借入額は、その借入申請を行った金融機関が融資可能である
という金額を算出した際に用いられます。
例えば借入申請を行った金融機関が、申請者に対して「300万円までは融資が出来る」と
判断した場合、すでに既往借入額が100万円分存在していたのであれば、
実際に借り入れることが出来る金額は300万円から既往借入額を引いた200万円までとなります。

現在の日本においては総量規制の法律が制定されているということもあり、
既往借入額というものに対してはどのような金融機関であっても
慎重に判断をする傾向が存在しています。
この金額があまりにも大きい場合であると借入を渋られることがありますが、
だからといってこの金額を査証するということは許される行為ではありません。

適正な調査が行われればすぐに発覚することであるうえ、
これを偽るということは取引関係の上で非常に大きな問題となるからです。
またこの金額についてはそれぞれの金融機関によって扱いが若干異なることも
ありますので、記入を求められ、把握している金額に自信がもてない
というような場合であれば、担当者に確認を取るとよいでしょう。