>   >  学生がキャッシングで10万円借りるなら

学生がキャッシングで10万円借りるなら

結論から言うと20歳以上の学生なら10万円借りるのは難しくはありません。すぐ借りたい人はランキングから探してしまうのが得策だと思います。

ここではキャッシングと学生について詳しく触れていきますね。

キャッシング会社が審査と融資対象としている学生と借入先の種類等

審査、申込資格のある学生とは、大学生、専門学生、短大生、予備校生等できほんが20歳以上の学生さんは審査対象になります。当然18歳の高校生は無理です。18歳でも例外がありキャッシングできるケースもあるようですが、学生で18の場合は基本的に不可能です。仕事を既にしていて安定収入がありなにか例外が合った時は借入できるケースもあるでしょうが、単純に遊びのお金とかを目的に考えるのは辞めましょう。(未成年という扱いですから親の保証とかも必要だったかと)

いつになるかは分かりませんが、18歳からお酒を飲めるとか、日本の成人を18歳からにしようと一部では計画されていますね。選挙権も18からになりますし、今後はもしかするとキャッシングも仕事をしている方に関してはOKとかなるかもしれませんね。

学生でも10万円迄は比較的簡単に借りれる

学生でも稀に青年実業家とか学生をやりながら成功して月50万だとか稼いでいる人もいますが、全体を見ると社会人に比べ収入が低いのが当然のことです。

学生というクラスタである程度限度額が決まってきます。つまり学生というだけで限度額は10万円と自動で決まってしまうパターンですね。

こういう制限をかけているのは銀行系キャッシングに多い印象です。ただ、利用していくうちに実績ができ限度額が多少上がることはおそらくあると思います。原則として10万迄に設定している銀行系が多いので最初から20万以上という希望金額がある場合は消費者金融からのほうが学生さんはいいかもしれません。

10万円迄しか借りないという場合はアルバイトで月に5~10万円程度をコンスタントに稼いでいる方であれば比較的簡単に借りれる額だと思います。(審査は通るという意味で)

限度額は50万迄?学生ローンよりも大手消費者金融が安全性は高い

限度額という意味では消費者金融と学生専用の学生ローンが提供している50万円程度がMAXの値だと思います。たまに80万だとか書いている学生ローンもあるのですが、実質的に考えて、年収240万円ないと80は借りれない金額なので学生には厳しいかなと。総量規制対象外の商品はほぼ銀行系なので、さっきいったとおり学生に対しての限度額額が10万までとしているところが多いので、学生の場合は50がMAXと考えておいてもいいかもしれません。

貸してくれるからといって借りてはいけない業者がいるので注意をしてほしいのです。学生ローンというサービスはお世辞にも安心できる会社とは言えない無名のところが多いのです。社会人になりある程度サービスやモノの判断、精査をできるようになるとわかるのですが、学生の場合貸してくれるところが無いと誤解して学生ローンに手を出してしまう方は少なからずいると思います。金利は15~18%と法定利率は守っていはいますが借りた後どうなるかはわかりません。もちろんいい会社さんもいるとは思いますが、判断しずらいというのが正直なところではないでしょうか。窓口にいかないとお金が借りれないなども不便ですし、大手消費者金融から借りたほうが安全で便利なのは間違いありません。

学生ならクレジットカードでキャッシングすればいいのでは?

クレジットカードのキャッシングを利用するかどうかはまあ個人の自由なんですが、リボ払い形式のところが多く、学生にとっては危険かと思います。毎月分割型で管理が出来るならそれでもいいかもしれません。

クレジットの場合もやはり学生の場合は10万円迄等限度額を設ける会社がほとんどですかね。海外に留学や旅行などにいく学生さんもいると思うのでその場合はVISAかMASTERでクレジットカードを作っておくのは便利です。

目的次第ですが、国内でキャッシングをするなら手元に現金があることが目に見えてお金を借りたという実感を持つことが結構重要だと思います。若いうちから本来は借りるというのは避けたほうが良いのは事実ですが、そうもいってられない事情もあるでしょう。だからマヒしない様に手元に現金というのは案外大事ですよ。

バイトしてない学生はキャッシングできない?

当然バイトをしていない収入が無い学生さんはキャッシングはできません。なぜお金が必要なのか?と考えると中には学費を工面したいからとか、世間で騒がれている学生が学業を疎かにしてバイトばかりしている問題なども絡んでくる話かと思います。

学費とか生活費を親御さんが出すのが辛いからバイトをする選択肢もありますが、でもバイトしたくない勉強をしたいんだ!っていう学生さんは「奨学金」を借りれば良いと思います。

奨学金も種類があって、卒業後返済しなくていい特待生や返済は必要だけど無利息とか、教員になれば返済を全額から一部免除など色々な種類があります。なかなかそういった好条件の奨学金を貰うのは難しく大半が一定の利子が付いたものになり、卒業後、返済が辛いという違う側面の問題もありますが、それは未来になってみないとわからないし学業に専念したい⇒お金をどこかしらから借りたい。という流れであれば消費者金融などから借りるより、明らかに奨学金のほうが良いと思います。