>   >  今、銀行カードローン(地方とメガバンク両方)が「アツイ理由」を猛暑の夏に書いてみた

今、銀行カードローン(地方とメガバンク両方)が「アツイ理由」を猛暑の夏に書いてみた

結論、銀行カードローンは消費者金融よりもベターな場合が確率的に高くここ10年の間で怒涛の人気(一つの指標で貸付実績が怒涛の伸び)を獲得しました。銀行カードローンが活躍し始めているのは意外と最近で事の始まりは2006年の総量規制の改定が起因で、賃金業法の下で運営している消費者金融はグレーゾーン金利による過払い金返還請求などの冷静になると理不尽な法改定により窮地に追い込まれたのです。

銀行法の元サービスを開始した銀行カードローンが強いのは総量規制関係ない点や実際金利も低いので人気。キャッシングといえば消費者金融のイメージがこのあたりから崩れ始めたのかと。

実際に大手消費者金融は銀行グループの傘下に入ることでサービスを廃止せずに済んだ側面があります。(銀行グループ傘下に入ったと言ってもサービス自体は賃金業法の元運営しているサービスと、そうでないものがあります)

地方銀行とメガバンクと消費者金融の地域的な差は?

キャッシングは単純にお金を借りるサービスですから異業種の様に物理的に困難な事が少ない特徴があります。即日対応はモノを運び家に届ける物販はまず不可能で今のところアマゾンが奇跡的なサービスを行っていますが、キャッシングはお金をATMから引き出すだけですのでサービスの幅が広いですね。

よく、地方銀行のカードローンサービスだと地方だけに限定?という不安は、基本はそこまで心配いりません。基本と言うのはすべてのサービスは変化し外部が断定できないのと、メガバンクと比べると対応ATMの数や銀行支店の数が少ない為使い勝手が多少劣るという点はあると思う為敢えての発言です。

福岡、横浜、千葉等地元愛が強く地銀の利用者は意外と多く上記理由で地方系カードローンを利用するか悩み中の人は地元の銀行が意外とベストかもしれません。

実際、北海道の地銀カードローンとかはスペック的に見ても超高水準ですし、例えば、全国区の銀行ではなく北海道の銀行で貸付してもらい不動産を買うなどすれば地域貢献をできるのは間違いありません。お金も大事ですが、そういった貢献はなんかいいですよね。

人による?審査基準は特別厳しいわけではない

かなりありがちな誤解としては銀行カードローンは審査が厳しいので人によっては借りるのが難しいから消費者金融という論法で、勿論、解釈の違いではそうなるかもしれませんが、大袈裟にいえば、銀行カードローンが受験戦争とか就職困難とかそういうレベルの審査の様な勘違いは駄目。

審査に通らない人は、「債務整理後」「破産後」「無職」という類の人達で、学生、フリーター、専業主婦だって借入自体は出来るわけです。お金の利用方法は人それぞれで、見方を変えると生きていく為の源泉でもあるわけですから完全にお金が尽きたとなる前の一つのライフラインとも言えるんですよね。

でも、一回破産とかしたり、返済ができないという方には銀行、や消費者金融は返済の見込みがないと判断しますので借りることはまずできません。クレジットカードが作れないというのも有名な話だと思いますし、ある意味、お金を稼がない人への一つのアンチテーゼになっているのではないでしょうか。(大袈裟か)

勿論年齢制限もありますけど、現代は昔に比べてお金がネックで何かできないという事がかなり少なくなった気がします。カードローンでなくたって、例えば事業とかボランティアとかでお金が1千万あれば実現できるかもという場合有志を募るのもSNSとかね。

限度額等のスペック・利便性は銀行がほぼ勝利、新規申込時のスピードは消費者金融優勢

目的次第。実際は銀行でも大手の消費者金融でも10万とかであればさほどどこで借りようが一緒の話です。同時進行で複数申し込み等をすべきではない。厳密にいえば銀行はほとんどの点で他の金融機関が提供するカードローンよりもレベルが高く、一つ強いて挙げれば、新規申込でカード発行を即日でという場合は全体的に消費者金融の方が早いは事実。

数万単位でネットから情報を探していて急いでいる人は消費者金融を選ぶほうが無難。銀行も即日対応はしていますが確率だと消費者金融の方がこの点は良いです。

検証データとしては少ないですが熱い銀行系のコト数値的なデータから考えた時銀行の話が出てくるのかなと思っていたのですが即日融資は“アレ”で決まり!ランキングは?話し合いの結論は?という議論でまtったく出てこず意外でした。100人くらいに話してみないと実数としては計れませんが消費者金融、銀行、信販の3大ジャンルのどれが一番いいのか、来ているのか?というコトに全く興味がない人も結構多いのかなあと言う実感です。