>   >  ユーロ/スイスフラン空前の暴騰によるFX追証をカードローンで賄うことは可能か?

ユーロ/スイスフラン空前の暴騰によるFX追証をカードローンで賄うことは可能か?

2015年1月15日ユーロ/スイスフラン空前の暴騰が発生しました。 ここで頭を痛めている方はFXで追証を求められている方かもしれません。緊急事態ですので、借入れについてまとめてみました。

カードローンを検討している方は銀行系のローンを組むのが宜しいかと思いますが数千万という額は借入が難しい可能性も高いです。

不動産担保ローン等であれば担保にし数週間で借入も可能というケースはあるでしょうが

個人向けカードローンは1000万円がサービス自体の限度額

カードローンで賄うことは可能か?という点についてですが 個人向けのローンは総量規制対象外の銀行ローンでも1000万がゆとりあるローンでも限度の額となっている事が多いです。それ以上の額はカードローンで賄うことは難しいと考えたほうが宜しいかと思います。

実際1000万はそれなりの審査が入るかと思います。収入証明の提出が300万以上迄なら不要というのが今現在のサービスでMAXの数字である為です。

追証に利用する場合は審査をはじかれるのではないか?

基本的に個人ローンの利用する目的は事業資金としては禁止されていますので会社、事業でFXを行っている方は利用はできないと考えたほうが良いでしょう。個人の方に関して言えば、基本的には目的は自由というサービスが基本となっています。