借入とは

一般的には金融機関からお金を借りることです。

銀行であったり、消費者金融、事業者金融などから融資を受けられます。
金融機関それぞれに特徴があるので、借入される際は自分の状況と照らし合わせて
選択することが必要です。

銀行

低金利で借入することができます。
ただし、銀行からしてみると低金利で融資する訳ですので信用できる人、返済能力のある人でないと融資してくれないでしょう。審査は厳しいです。
もちろんその分審査にも時間がかかるので
すぐに融資して欲しい場合には向かないかと思われます。

大まかな「銀行」のキャッシュフロー

銀行は個人や法人の普通預金を元手にローンなどの貸付をおこないます。
「利息」が「利益」となり、景気がよい時は普通預金の利息もローンの利息も上がります。

消費者金融

金利は高めに設定されています。
審査が早く、ほとんどの会社が即日融資も可能となっています。
スピード融資が可能のため、すぐに欲しいなど、急な場合も対応できるので活用する機会があるのでは。

それぞれに特徴があるので状況によって借入する業者を選択すると良いと思います。

どちらにしても借入するというという事は返済しなければ行けない訳なのできちんと返済計画を立てて借入する必要があります。
借入を簡単に考えてはいけません。

銀行と消費者金融のサービススペックを比較

種別 金融機関名 実質年率 限度額 コメント
銀行 オリックス銀行 3~17.8% 800万円 限度額高い
みずほ銀行 4~14% 1,000万円
三井住友銀行 4~14.5% 800万円
消費者金融 アコム 4.7~18% 500万円 差はそこまでない
アイフル 4.5~18% 500万円
モビット 3.0~18% 800万円
プロミス 4.5~17.8% 500万円

「銀行」のキャッシュフローのように消費者金融は預金という項目がありませんから、
このような差が生まれるのかもしれない。とも取れますが、根本的な違いはそこではなく
「銀行法」か「賃金業法」かという差によるものです。特に限度額が着目すべき差かと思います。
法改正により左右される面がありますが、現状は銀行からの借入のほうがお得感が強いと言えるのではないでしょうか。

借入れの深掘り人気コンテンツ

「借入とは?」で良く見られている記事と見てほしいPICK UPコンテンツ。

即日融資は“アレ”で決まり!ランキングは?話し合いの結論は?

消費者金融で100万円借りたときの利息ってどれくらい?